旦那浮気ギャンブル借金

旦那の浮気やギャンブルで悩んでる妻は多いですが、男性のギャンブルや浮気癖ってなかなか改善していくのって難しいですよね。

世間を見ても、浮気をする人は何度でも浮気をするし、ギャンブルをする人は自己破産するまでギャンブルを続けてしまう人もいます。

しかし、このような生活をされてしまっては家庭は崩壊してしまいます。

まずは旦那が浮気をしているのかチェックすることが大事になります。

旦那の浮気のチェック方法とは

旦那の浮気のチェック方法

旦那が浮気をしているのかチェックする方法は難しいことではなく、いくつかのポイントを抑えておけば誰でも浮気をチェックすることはできます。

下記の項目に複数当てはまるような場合には浮気の可能性があります。

旦那の浮気チェックリスト

・急な残業や休日出勤が増えた

・出張の回数が増えた

・休日に外出する機会が増えた

・スマホやパソコンにロックがかかっている

・スマホ画面を下にして置く

・スマホをトイレやお風呂にまで持って行く

・ファッションや外見を気にするようになった

・体を鍛え始めた

・新しい趣味を始めた

・帰宅時に石鹸の香りがする

・車や財布に避妊具がある

簡単にチェックできる項目は上記のような感じになります。

外出回数が増えたり、家にいる時間が少なくなっていると感じたら注意が必要だと思います。

またスマホの取り扱い方に変化があったらやましいことがある兆候です。浮気相手との連絡にはスマホを使う人も多いかと思うので、過剰にスマホを見られないように気遣うようになったらかなり怪しいです。

さらに自分の見た目に気を遣うようになったら明らかに異性の目を気にしている証拠です。これまでファッションや外見にそこまでこだわりがなかった旦那が急に外見を気にしだしたら怪しいですよね。

帰宅時に石鹸やシャンプーのいいニオイがしていたら、ラブホ帰りの可能性が高いのでかなり高い確率でアウトだと思います。まあ、人によっては追求すると「サウナ」と言い訳する可能性がありますが、十分に怪しいですね。

浮気のチェックポイントとして有望なのは財布です。財布からはラブホのレシートや領収書、割引券などが見つかる場合もあるのでチェックしておくといいです。

また車も重要です。浮気相手との移動では人目を気にして車で移動するのが通常だと思うので、チェックすると何かしらの証拠が残っている可能性が高いです。

旦那に愛想が尽きたら離婚と慰謝料を考えよう

旦那浮気借金慰謝料

旦那が繰り返し浮気をして反省しないようなら、思い切って離婚することを考えてもいいと思います。

子供のために離婚したくないと思う人もいるかもしれないですが、浮気を繰り返して母を泣かせているような父親を見せ続ける方が子供としてはストレスだと思います。

そのため浮気を繰り返す旦那なら、むしろ子供のために離婚した方がいいと考えます。

とは言っても離婚すると経済的に苦労することも多いかと思うので、しっかりと旦那と浮気相手から慰謝料を取るのを忘れないようにしましょう。

また養育費もしっかりと請求して、支払が滞ることを防ぐために誓約書や合意書などを書いてもらい、支払が滞るようなら給料の差し押さえが可能なような措置をして置くことを忘れないようにしましょう。

旦那のギャンブル癖の改善は難しい

旦那ギャンブル借金

旦那がギャンブル癖があって、家計が火の車という状況の家は最近でも普通にあることで、浮気と並んで家庭に大きな悪影響を与える一因になっています。

こういったギャンブル癖がある旦那の場合は、ある意味では浮気癖ののある旦那よりも厄介です。

浮気癖があったとしても、稼ぐ旦那だったらお金があるということで多少のことも目をつぶることもでき、度が過ぎるようなら浮気相手を追い詰めて適当に別れさせることもできますが、ギャンブル癖はどうしようもないです。

ギャンブルによる借金があると、妻としては他の部分で妥協することができず、どんどんストレスが貯まっていってしまいます。

また、ギャンブルによる借金で生活費や子供の教育費が削られると、旦那と結婚している意味が見出せなくなってしまいます。

さらにギャンブルの厄介なところは有効な改善手段がないことなんですよね。

旦那を経済的に追い詰めよう

旦那経済借金

旦那のギャンブル癖を止めるためには、旦那を経済的に追い詰めることが重要になってきます。

お金がなければギャンブルをすることができないので、財布の管理を旦那ではなく自分で行うことが重要になります。

また、旦那が勝手に借金を作らないようにするために、身分証明書などを妻の方で管理することも重要になってきます。

旦那の給料を管理していると、それで安心してしまう人もいますが、ギャンブル癖がある人は簡単に借金をしてしまうので、キャッシングなどができないように、身分証明書もこちらで管理することが重要です。

ギャンブル癖をある旦那がいる場合にはこれくらいのことをやらないと、どんどんお金がなくなっていってしまうので、旦那が使うお金に関してはシビアになったほうがいいです。

最終的には債務整理を検討

旦那借金債務整理

すでに旦那の借金が返済できないくらい膨らんでしまっているような場合には、債務整理を検討する必要があります。

債務整理には任意整理や個人再生、自己破産という方法があります。

住宅ローンを組んで家を購入しているような場合だと、債務整理によって家を取られるのではないかと思う人もいますが、任意整理や個人再生なら住宅ローンを払っている家を残しながらでも債務整理で借金負担を軽くすることができます。

しかし債務整理をすると、クレジットカードが使えなくなったり、借金できなくなくなったりするデメリットが発生します。

ただギャンブルによる借金癖がある旦那がいる場合には、こういった債務整理によるデメリットによって、強制的に借金ができなくなるので、ギャンブル癖をやめさせるきっかけになります。

そのためどうしても旦那の借金癖が改まらないようなら債務整理を検討するといいです。