旦那がパチンコが趣味で休日や空いている時間にパチンコにお金を使ってしまって家計が辛いという家庭は少なくないです。

おそらく日本ではパチンコによるギャンブル依存症の人が一番多いのではないでしょうか。

まあ、そういった問題が意識されているのか、近年ではパチンコ業界に対する締め付けなども強くなってきており、業界は結構風当たりが厳しいようです。

とは言っても中毒性が高いギャンブルなので、行う人も多く、完全に廃れるということはないのではないかと思います。

そんな中毒性の高いパチンコなので、パチンコで使う費用をカードローンやキャッシングなどによって得ている人も少なくないです。

他人なら問題ないのですが、それが旦那だとしたら、家の家計にダイレクトに響くのでかなり深刻な問題です。

旦那のパチンコによる借金額が大きくなりすぎて返済できないような状況だと自己破産が検討する人もいるのではないでしょうか。

自己破産は裁判所を通して行う債務整理方法で、裁判所から免責が認められると借金返済の必要がなくなるので、事実上借金が0円になります。

しかし自己破産はギャンブルによる借金の場合だと免責を認めないこともあるので注意が必要です。

パチンコなどのギャンブルによる自己破産を検討しているような場合には専門家である弁護士などに相談して、自己破産で免責が認められるのか相談するといいのではないかと思います。

下記から自己破産について説明しているサイトを見れるので参考にしてください。

http://www.creditconnectusa.com/